目次

新しいアイデアは必要不可欠

企業が存続していくうえで、常に新しいサービスへの挑戦は必要不可欠です。
同じサービスをいつまでも提供していては飽きられてしまい、売り上げも低下していきます。
場合によっては全く別の業態へ転換しなくてはならないこともあるでしょう。
アイデアによって経営不振が続いていた企業が一発逆転でピンチを切り抜けた例もありますが、こうしたチャンスを掴むためには既存のサービスから脱出するための決断力やアイデアが必要になります。

アイデアで生き残ることができるのは技術が必要なIT系だけではなく、一般の商店や飲食店などにも共通して言えます。
サービスの内容を少し変えただけでも顧客は新しいものと判断して購入意欲がそそられるのです。
低価格路線が続いている中でも珍しいものにはお金を出して良いと考えている人も多く、ニーズをつかむことが大切です。
主力商品として考えられているものも、いつかは転換しなくてはならないときが来ます。
飲食店などでも定期的に新商品が開発されているのは、顧客に飽きられない商品を提供し続けていくためです。

しかしアイデアを常に出し続けることは非常に困難ですし、そのアイデアを実現できるかどうかもまた別の話になってきます。
そこで利用したいのが既存の古い技術やサービスを組み合わせて新しいサービスにする方法です。
新規の技術でなければ導入コストがそれほどかからない場合もありますし、古い商品の組み合わせによっては在庫を一掃処分できる可能性もあります。
企業の体力が低下する原因には在庫の抱えすぎもありますので、新しいアイデアやサービスの提供は一発逆転になるチャンスです。

成功の秘訣は様々な意見に耳を傾ける

成功するためにはできるだけ多くの意見を聞く必要があります。
社員がたくさんいるような会社ではコンペを開き、一人一人のアイデアを取り入れていく姿勢を出すことが大切です。
現代社会では年功序列の企業は生き残ることが難しくなってきており、こうした古い制度は新しいものへの挑戦の足かせになってしまうからです。
経営状態がピンチになったときこそ、多くの人の意見を取り入れて魅力的な商品開発やサービスの提供をする必要があります。
また成功するためには新商品やサービスのことを多くの人に知ってもらう必要があります。
SNSなどのインターネットツールを上手に活用して、広告予算を抑えながら知名度を高めていく努力も必要です。
ピンチを切り抜けた企業の多くはうまく広報活動も行っているのです。

100均も一つのアイデアのおかげ

100均アイデアが豊富なビジネスモデルとしては100均があります。
100均にももちろん主力商品というものは存在しますが、単価が低い中でたくさん売っていくためには、同じものだけをいつまでも売り続けるわけにはいきません。
毎月のように新しい商品を提供し、便利さを追求していく必要があります。
中には本当に100円で元が取れているのか心配になるような商品も数多くありますが、そうした商品の開発の裏には発明好きな一般顧客が存在しています。

100均の商品のすべてが社内で開発されているわけではありません。
アイデアを出して実際に作り、その商品を100均を経営している会社にプレゼンする人達が存在しているのです。
社内の人間の数にも限りがありますので、門戸を大勢に開くことによってアイデア不足を解決することができます。
このビジネスモデルでは開発をするという最大の負担を分散させることができますし、思いもつかないような商品が生まれてくる可能性があります。
商品を開発した設計者には、売り上げに応じたリターンが発生するため、いい商品が生まれれば開発者にとっても、会社にとっても利益が生まれるビジネスとなります。

100均は薄利多売によって利益を確保しますが、同じように○○円均一というお店はたくさんあります。
居酒屋などでも均一商品を提供する店舗が登場しましたが、それもまた100均からのアイデアと自社商品を組み合わせた新しいアイデアの1つと言えるでしょう。
値段設計を変えるだけでも一発逆転を狙うことは可能ですが、近年では低価格路線から脱出していく企業も増えてきています。
時代のニーズはその時の経済情勢によって異なってきますので、ニーズを見極めた経営戦略が必要なのです。
低価格路線の店舗は確かに質より量を求めるデフレ時代では好調ではありましたが、質を確保することが困難なため、量より質を求める時代のニーズには合いません。
最近では100均でも100円ではない商品が置かれるようになるなど、アイデアで急成長をした100均でも少しずつ変化を持たしていくことが求められています。

アイデアを出すことが困難な場合は、アイデアを募集できるサイトを利用してみるのも良いでしょう。
こうしたサイト自体もアイデアによって生まれたものです。
個人のアイデアの中には個人単位では開発することが困難なものもありますので、良いアイデアは企業が拾うことによって、現実のものとなっていきます。